人材不足の時代だからこそ。
求職者と求人社のベストマッチングをクリエイティブ!

有料職業紹介事業

許可番号:47-ユ-300189



“有料職業紹介事業”とは、求職者と求人募集企業とを結ぶことで、手数料をもらう事業のことです。
一般的に“人材紹介会社”といわれる企業は、この「有料職業紹介事業者」に当たり、マッチングによる報酬が発生しないハローワークや大学の就職課などは「無料職業紹介事業者」です。




有料職業紹介事業と人材派遣業との違いは、人材派遣業の場合、派遣される人は派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社から給料を受け取ります。
派遣会社は、派遣先企業から受け取った報酬から手数料を差し引き、派遣される人に支払う仕組みです。
一方の有料職業紹介事業の場合は、求職者と紹介先企業が、直接雇用契約を結びます。紹介会社は、紹介先企業から紹介手数料を受け取るだけで、雇用関係は結びません。
その際に頂戴する手数料は、認可を受けた当社が厚生労働大臣に届け出た額の手数料となります。
また求職者から手数料を取ることは禁止されています。
さらに、有料職業紹介事業では、港湾運送業、建設業務の二つの業種については、斡旋を禁止されています。
両者とも、極めて専門的な知識を必要とするためです。



人材紹介の種類

・登録型・・・転職を検討している求職者にあらかじめ登録してもらい、求人企業や紹介会社の求人が あった時に、該当する人材を紹介するスタイルで、もっともポピュラーな形です。

・スカウト型・・・企業からの求人にふさわしい人材を探し出し、紹介するスタイルです。登録型は、 転職希望者をターゲットとしているのに対し、スカウト型は、潜在層を掘り起こすことができるのが 特徴です。

・アウトプレースメント型・・・企業がリストラや早期退職希望者募集などの人員削減施策を導入した 場合、退職者の再就職を支援するスタイルを指します。退職者を出した側の企業が負担するので、 紹介先企業が紹介料を払う必要はありません。