早稲田大学ビジネススクール講師、植田正也先生を招いての全社員研修を開催。

株式会社真宣組’では、2019年3月22日(金)・23日(土)の2日間、

東京から早稲田大学ビジネススクール講師であり、広告関連の著書も

多数執筆しておられる植田正也先生を招いての全社員研修会を開催しました。

冒頭、夢を描くこと。夢を実現するために「心」の在り方が最も重要であり、

全社員の「心」のベクトルを揃えることが肝心であると説かれました。

初日は、広告ビジネスの歴史から、これからの広告が進む道や生き残りへのヒント、

問題を発見し解決し改革を推進するまでを総合的にこなす

「symbolic analiyst」とは何かなど、新しい広告会社の形と

そこに働く者に必要とされる能力などについて話されました。

2日目は、成功する企画書の書き方やアイデアの作り方など、

より実践的な内容の講義をしていただきました。

職種・担当に関わらず、とてもためになる講義に社員全員、納得しきり。

先生のユーモアある話しぶりもあって、あっという間の2日間でした。

今後も、個々のスキルアップはもちろん会社として、

より良いサービスを提供できるようこのような研修会を定期的に開催してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼はみんなでトンカツ弁当