県内最大級のeスポーツフェス、華々しく開催!

 

超大型連休の前半、平成最後の日曜日でもあった4月28日(日)、那覇市泉崎の琉球新報ホールにて、

県内初マルチタイトルのeスポーツフェス「第1回 JTAプレゼンツ琉球新報eスポーツフェス」を開催しました。

当日は、11時の開場前にも関わらず、既に多くのゲームファンが詰めかけ、1階エントランスホールでの

ウイニングイレブン、グランツーリスモの体験コーナーを急遽早めにオープンし、11時からは3Fホール入り口にて、

大会エントリーの受付を開始したところ、大会5タイトルに対し、

総勢189人のエントリーがありました。

 

正午、3階ホールでは、主催社である琉球新報社専務取締役 糸数様の開会宣言に続き、

いよいよ各タイトルのベスト4を決める予選がスタート。

そして各タイトル熱戦の末に勝ち上がったベスト4による、準決勝、決勝は、1戦ごとにステージ上で行われ、

大型スクリーンに映し出されたゲーム映像に観客も大盛り上がり!どのゲームも手に汗握る熱戦に次ぐ熱戦で、

予定時間を大幅にオーバーするも観客の誰一人も席を立つことなく、最後まで応援していただきました。

“ぷよぷよ”の決勝に小学生参加者が勝ち上がったり、最後のタイトル“鉄拳7”では、外国人の参加者が優勝。

続くエキシビジョンマッチでは、プロゲーマーの“たぬかな”さんにまで勝利し、会場は大興奮!

まさに、国籍や年齢、性別、身体能力などの垣根を超えて、誰もが参加し楽しめる

eスポーツの魅力を実証した大会となりました。

大会の他にも、ゲストのプロゲーマー“たぬかな”さんのサイン会などもあり、

大盛況の中、GW前半の日曜日丸1日、eスポーツを存分に楽しんでいただくことができました。